Hello, good bye, so long, and Hello!

好きなことを、気ままに、好き勝手に、綴る。

2020年上半期ベスト・アルバム20

新型コロナウィルスで世界が劇的に変容しても、音楽家たちは良質な音楽を作り出し続けてくれる。とてもありがたいことであり、感謝しかないです。閉塞的な空気感を感じる社会の中で生きていくのはなかなかに辛いことで。苦しかったり辛かったりするけれど、それでも踏ん張ってなんとか生きていけるのは良い音楽との出逢いがあるから。少し、音楽を聴くのがしんどいかもしれない・・・とふと思いかける時期があったけれど、良い音楽と出逢うとそんな杞憂も吹き飛んでしまう。音楽を好きでよかった、そう思うことが今年は多いです。全てのミュージシャン、バンドマン、シンガーに感謝。そしてそんなミュージシャンズを支える音楽関係者の皆様にも感謝を。

さて、2020年上半期も終わります。自分にとってのベスト・アルバムを20枚選びました。2枚だけ除いて、Apple MusicやSpotify等々どれもサブスク配信しております。気になった作品があれば聴いて頂けたら幸いです。

(あと、おまけ的におすすめ若手バンド枠を最後に設けました)

 

Andy Shauf「The Neon Skyline」

早見沙織「シスターシティーズ」

岡村靖幸「操」(※8/26、サブスク配信開始しました)

Yumi Zouma「Truth or Consequences」

Sam Gendal「Satin Doll」

高橋徹也「怪物」(※サブスク配信なし)

Dae Han「Blue」

香取慎吾「20200101」

XIIX「White White

Thundercat「It Is What It Is」

上田麗奈「Empathy」

TAMTAM「We Are the Sun!」

Shabaka & The Ancestors「We Are Sent Here By History

赤い公園「THE PARK」

GEZAN「狂(KLUE)」

Bibio「Sleep On The Wing」

Tame Impala「The Slow Rush」

Phoebe Bridgers「Punisher」

岡田拓郎「Morning Sun」

藤井風「HELP EVER HURT NEVER」

(順不同)

f:id:Zak_69:20200630204644j:plain

f:id:Zak_69:20200630204649j:plain

f:id:Zak_69:20200630204655j:plain

f:id:Zak_69:20200630204701j:plain

 

おすすめ若手バンド枠:FAITH「Capture it」

f:id:Zak_69:20200630210830j:plain

 

2020年4月の記録

COVID-19、新型コロナウィルの感染拡大を防ぐために緊急事態宣言が出された4月。ライブもイベントごとも一切行うことができず、様々な業種に自粛の波が拡がり、何かが決定的に変わってしまったように感じております。もはやほんの数ヶ月前までの当たり前だった日常が完全に戻ることはないのだろう、とも思っています。閉塞感に満ち溢れ、無自覚な人の悪意が散見され、気が滅入りそうになってしまいますが、それでもなんとか踏ん張れているのは大好きな音楽があるからこそだということをしみじみと思います。

 

4月はあまり新譜を聴くことが少なく、昔から好きなバンド・ミュージシャンの曲を聴き返したり、今まで聴いたことがなかった人たちに触れてみたりしていました。それにPizza of Death Recordsが各サブスクリプション・サービスにてストリーミングを開始したこともあって、あまり通ってきていないパンク・ハードコア・メロコア系を聴いてみていたことも、それほど多く新譜を聴いていない理由の1つになるかと思います。まだまだ全部は聴けていませんが、ゆっくり消化していこうと思いますが、今の所はASPARAGUSが個人的には好みですね。

subsc.pizzaofdeath.com

kompass.cinra.net

note.com

 

とはいえ、少ないながらも気になった新譜はちゃんとチェックするようにはしています。4月リリースで聴いた新譜はこちら。

Awesome City Club「Grow apart」
DIALOGUE+「DREAMY-LOGUE」
Serph「Mirapyd」
Shohei Takagi Parallela Botanica「Triptych
The Strokes「The New Abnormal」
Thundercat「It Is What It Is」
TOKYO HEALTH CLUB「4」
TOPS「I Feel Alive」
赤い公園「THE PARK」
麻倉もも「Agapanthus」
嘘とカメレオン「JUGEM
岡村靖幸「操」
クラムボン「夜見人知らず」
くるり「thaw」
坂本真綾「クローバー」
スチャダラパー「シン・スチャダラ大作戦」
ストレイテナー「Graffiti」
東京事変「ニュース - EP」
ドミコ「VOO DOO?」
マカロニえんぴつ「hope」
安野希世乃「晴れ模様」
Shohei Takagi Parallela Botanica、The Strokes、Thundercatの3組は必聴かと思います。上記3組の新譜は各所で今年のベスト・アルバムに絡んでくるかと思います。岡村靖幸さんと赤い公園の新譜もとても良かったですね。あとスチャダラパーもかな。
 
1週間ほど前はちょっと古いBluesを聴くことにハマっていて。今週は文化放送にて放送された特番『武田真治鷲崎健の よォーこそ RCサクセション』を聞いたこともあり、RCサクセションを聴き返したり。昨日今日はNujabesのWebにて特集記事を読んだこともあって、Nujabesを聴き返したりしています。

www.arban-mag.com

 

緊急事態宣言の延長が決まり、まだまだこの事態は続いていきそうですが、のらりくらりといつもと変わらぬように過ごしていくのみ、です。もちろん、手洗い等はちゃんとしながらですけどね。早くまたライブが観れる状況が戻ってきて欲しいところですが、年内は厳しいかなぁなどと感じております。

2020年3月の記録

世界中で新型コロナウィルス、COVID-19が猛威を振るい、既存の社会が根底から覆されようとしているような状況が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?私はほぼいつもと変わらぬ日常で、職場と自宅の行き来以外に何処かへ出かけることもなく、普段から引きこもり気味なのでとりえて何かが変わったこともありません。ただ3月に観に行く予定でしたライブは全て開催見合わせ・延期となり、嵐が過ぎ去った後にいつもと変わらぬように、またライブが観れるようになればいいと願うばかりです。

未曾有の状況が世界のあちらこちらで起きていて、人が築いてきた社会というシステムの脆弱さを炙り出され、人の本性を暴き出すような出来事やニュースが飛び交い、暗い気持ちになってしまいがちですが、決して闇の飲み込まれることなく前へと。前を向いて、後にきたる未来へと目を向けて、今は耐えることしかできませんがそれでも前を向いて生きていくしかないと感じながらも、日々変わることなく過ごしています。

 

さて、3月は年度末ということもあり仕事も何かと忙しく、あまり音楽を聴く時間が取れなかったということもあり、聴けた新譜はだいぶ少ないです。なおかつ、3月後半は早見沙織さんと上田麗奈さんの新譜をひたすら繰り返し聴いていたので、他に時間を割けなかったというところです。

amazarashi「ボイコット」
Circa Waves「Sad Happy」
Cory Wong「Elevator Music for an Elevated Mood」
Dirty ProjectorsWindows Open - EP」
downy「第七作品集『無題』」
Four Tet「Sixteen Oceans」
Grouplove「Healer」
iri「Sparkle」
KERENMI「1」
LAKE「Roundelay」
Låpsley「Through Water」
Lauv「~how i'm feeling~」
Lucky Kilimanjaro「!magination」
Paul Bryan「Cri$el Gems」
Porridge Radio「Every Bad」
Shin Sakiura「NOTE」
SIRUP「CIY」
THEラブ人間「夢路混戦記」
The Weeknd「After Hours」
YeYe「30」
YOUNG GUN SILVER FOX「Canyons」
Yumi Zouma「Truth or Consequences」
上田麗奈「Empathy」
内田彩「Reverb」
内田真礼「ノーシナリオ」
工藤晴香「KDHR - EP」
スカート「駆ける/標識の影・鉄塔の影 - Single」
スピラ・スピカ「ポップ・ステップ・ジャンプ!」
高橋徹也「怪物」
早見沙織「シスターシティーズ - EP」
宮本浩次「宮本、独歩。」
ヤバイTシャツ屋さん「うなぎのぼり - EP」
ヒプノシスマイク -D.R.B-「麻天狼 -Before The 2nd D.R.B-」

 聴けた新譜の中で良かったと思うのは早見沙織さん、上田麗奈さん、Cory Wong、iri、高橋徹也さん、The Weeknd、YeYe、Yumi Zouma、Paul Bryanでしょうか。色々聴くようにはしていますが、やはり早見沙織さんの新譜がとても良くて。何回繰り返し聴いたかわからないぐらい、ヘビロテしております。ミニ・アルバムということで全5曲というコンパクトさがヘビロテするのに丁度いい、というのも拍車をかけているように思います。

 

4月に入り、アメリカやイタリア、イギリスなど各国でCOVID-19による異常事態がニュースなどで伝わってきますが、日本もそのフェーズへ突入してしまいかねない状況に来ています。自分たちにできることをして、静かに嵐が過ぎ去ることを祈るばかりです。